庭の芝生、草、ガジュマルを刈って育てて剪定して良いガーデン

剪定

草刈り機で節約

weeding tools

草刈り機の相場は2万円前後で、替刃1枚の相場は1000円前後です。ガソリン代も必要になります。節約するためには草刈り機のエンジンの回転数を全開にしないことです。さらに、切れ味の落ちた刃を目立てして再利用しましょう。

Read More

育てて剪定

ご自宅のお庭の芝刈りはコチラにおまかせしませんか?専門スタッフが綺麗にしてくれますよ。費用も明朗会計なので安心です。

庭木の剪定はコチラで専門のプロにおまかせしましょう。全国対応可能ですよ。費用もリーズナブルなので、安心です。

短めに刈り込んでもよい

weeding tools

観葉植物として人気のあるガジュマルは、もともと亜熱帯から熱帯にかけて分布する植物です。ある程度は日陰でも育ちますが、日照時間が少なすぎるとひょろ長くなってしまいます。込み入った枝は剪定して、葉をよく日に当ててやることが大切です。また枝によって育ち方が違い、放っておくと木の形が乱れてしまうので、伸びすぎた枝はこまめに剪定する必要があります。一般には半分〜3分の1ぐらいに切り戻しますが、場合によっては根元から切っても大丈夫です。ガジュマルは勢いの強い木なので、丸坊主にしても新しい芽が出てくるぐらいです。剪定に適した時期は4月〜6月です。なお切り取った枝は、挿し木で増やすこともできます。5月〜7月が適しています。

水やりには気をつけて

ガジュマルは乾燥を嫌いますが、水をやりすぎても根腐れを起こして枯れてしまいます。成長期の春から夏は、土が乾燥したら十分に水を与えます。また葉水をやることも大切です。葉っぱが乾燥しないよう、霧吹きでこまめに水をかけましょう。葉っぱが変色してきたら水不足のサインです。逆に秋から冬は、少し乾燥気味にするのがコツです。ただし葉水は与えたほうが良いでしょう。 ガジュマルは南西諸島や小笠原諸島では生垣や防風林として利用されています。よく枝分かれして伸びるので、頻繁に剪定しなければなりませんが、日差しや強風を遮って快適な環境を提供してくれます。幸せを呼ぶ木と呼ばれることもあり、名護市のひんぷんガジュマルは天然記念物に指定されています。

低価格で草むしりをお任せするならこちらのサービスが便利です。業者を比較する事もできるのでお勧めですよ。

丁寧に芝張りを行うならこちらの業者がオススメです。雑草なども取ってくれるため、より芝の見た目がよくなりますよ。

簡単に草刈り

weeding tools 草刈りを業者に依頼すると数万円の費用がかかりますので、自分で草刈りをする人が増えています。特に、最近では、刈払機を気軽に購入できて、メンテナンスも容易になったため、素人でも自分でできるようになりました。

Read More

草刈りは注意して

weeding tools 素人でも刈払機を使用するケースが増えており、草刈り中の事故の可能性も大きくなっています。農業を知らない素人が刈払機を使用するため、どうしても事故が多く発生しやすくなり、作業中には、十分な注意を払う必要があります。

Read More